糀一夜漬けの友で、鶏もも肉のグリル

糀一夜漬けの友はお肉の美味しさも引き出します。
鶏もも肉のグリルをご紹介します。

準備するもの:

・糀一夜漬けの友

・鶏もも肉糀漬けで味わいたいお野菜 

・クッキングスケール(はかり)

・ビニール袋

・キッチンペーパー

手順:

① 食材の重さをスケールで測定します。

② 食材の重量の約6分の1の重さの糀一夜漬けの友を準備します。

③ 糀と食材をビニール袋に入れて、よくなじませます。

④ 冷蔵庫に入れて、しばし待ちます。

 まずは漬け込み時間の目安として、1日程度からお試しください。

⑤ お肉についた糀を取り除きます。

 ペーパーで【A. 糀を拭い取ってもよい】ですし、【B. 水で洗い流してもよい】です。拭き取る場合は、肉の表層にほんのりと糀が残りますので、グリルしたお肉と共に糀の旨味も一緒にいただける濃厚な味わいになります。

 水で洗い流す場合は、肉表層の糀の濃淡が均一化される分、さっぱりとした味わいになります。漬け込みがしっかりとできていれば、水で洗ってもお肉に糀の風味は残ります。

 このように、糀の後処理によって、味わいが多少異なりますので、漬け込み時間を調整するなどご自身のお好みの手法をみつけて、お楽しみください。

⑥ お肉を焼きます。

 フライパン、オーブングリル、オーブントースターなどお好みの手法で焼いてください(筆者の個人的な好みは、簡単にカリッとした焼き上がりを楽しめるオーブントースターです)。

 糀は焼色がつきやすいため、色の変化にご注意ください。

 糀の糖分の加熱による「キャラメル化(キャラメリゼ)」と、鶏肉のアミノ酸も加わった「メイラード反応」が同時進行するためです。
 少々こげてしまった!!と思っても、焦らず少しだけ味わってみてください。「単なる焦げ」のような苦さとは異なり、ほろ苦い甘さを秘めていることと思います。


 文字で読むよりもずっと簡単ですので、ぜひお試しください。